BANTO資格を取得された方の声を紹介します

VOICE #1事業を率いて経営を担う下準備

高橋美絵さん
SATORI株式会社
マーケティング営業部 部長

第一回合格者であり、デジタルマーケティング事業を手掛けるSATORI株式会社の部長職として事業部門を率いて活躍されている高橋美絵さんにお話を伺いました。

学生時代について教えてください

学生時代の専攻は観光学で社会学と経営学が混ざった感じでした。体育会にも所属しており、アメリカンフットボール部でマネージャーをしていました。北海道の出身なのですが、高校生の頃から「早く東京に出たい!」と考えていて念願の独り暮らしでしたので、部活にバイトに遊びにという学生生活であったと思います。

一方、語学の勉強には多少力を入れており、英語、中国語を中心に勉強し、大学2年次には中国へ短期留学にも行きました。中国語はこれまで仕事で活かせたことがほとんどありませんが、英語については現在に至るまで多少活きているようには思います。

アルバイトは個人指導の塾講師をやっておりました。あまり時給が高くなく、部活がありたくさん働けたわけでもなかったので月5万円程度の報酬だったと思います。それでも、当時のアルバイト仲間とは今も交流が続いています。

今の職場にはいつから勤務されていますか?

前職までは10年ほどマーケティングの担当者として専門性を積み上げました。マーケティング担当としてセミナーを開催した際に、他社の紹介で偶然一緒に共催することになったのが現職の会社です。その後社長から声がかかり、私自身もより事業にコミットして大きなチャレンジがしたいと考え、2016年9月に入社しました。まだ設立して1年ほどしか経っていない頃で、当時社員数は10名程度でした。

入社当時はスタートアップということもあり、順調に成長すればポジションが上がり責任範囲が広がることは当然イメージしておりました。現在社員数は100名を目前としていますので、組織の拡大を目指すとともに私自身も大きく成長する必要のある環境といえます。外部から資金調達しながら事業運営していますので、広告宣伝費や人件費など必要な投資を前倒しで行えるため、この成長を実現できていると考えています。

今お持ちの資格について教えてください

全社で運用している「Scrum(スクラム)」というアジャイル開発のためのプロジェクト管理フレームワークがあるのですが、その認定資格を2つ有しています。認定スクラムマスター(Scrum Inc. 認定スクラムマスター・LSM)、認定プロダクトオーナー(Scrum Inc.認定スクラムプロダクトオーナー・LSPO)です。 また直近ではビジネス数学検定2級を取得しました。個人的に数字に対して苦手意識があるということはないのですが、マーケティングに携わる者としては数字に強い必要があり、改めて勉強する機会になりました。

本認定試験を知ったきっかけ、受けることになったきっかけを教えてください。

知ったきっかけは、公式テキストができた時に、献本をいただいたことです。その当時のタイミングでは「今すぐに必要かわからない」と考えていましたが、数か月後、自分は将来経営に携わることを目指すには知識が著しく不足しているということに気付きました。これは学習の必要があると考えた時に公式テキストをいただいていたことを思い出し、まさに自分が不足している領域の知識だと再認識できましたので、試験にチャレンジすることにしました。

現在のお仕事内容をお聞かせください

広告宣伝、マーケティング、インサイドセールス(内勤営業)、フィールドセールス(外勤営業)、代理店販売、カスタマーサクセス(顧客サポート)を統括している、いわゆる事業部長のポジションです。売上を伸ばす、サービスを効果的に提供するといった業務を率いていますが、社内においては経営に近いポジションでもあり、徐々にこれまでの業務では身に着ける機会がなかった知識が必要となってきました。

日常業務としては各部門のマネージャーや他部門の部長、そして社長との打ち合わせ、社内の意思決定などが中心です。また、月に1~2回程度、外部での講演を行うことがあります。 現在頭の大半を占めているのは、今後の事業成長をどのように描くか、そのためにどのような戦略をとるか、いかに各部門のマネージャーを育成するか、組織全体として再現性を高め人材の厚みを増すため何を行うか、などです。

現在のお仕事に満足されていらっしゃいますか(将来の目標)

私自身のスキルアップが事業成長にダイレクトに繋がり、事業成長がそのまま自分のキャリアになるという状態です。そのため大変満足している一方、強い成長プレッシャーがあり、日々学ぶべきことが加速度的に増えています。そのため個人的には、必要なこと・重要なことに優先順位をつけて、効率的に、しかし網羅的に学ぶ必要があります。

将来的なビジョンとしては、事業を率いて経営を担っていきたいと考えています。今回学習した中でも法務・税法・会計財務などは特に弱みがあることがわかりましたので、継続して学習が必要だと感じました。現時点で上場の予定があるわけではありませんが、いつでも上場できるよう内部統制なども今後進めていきますので、ガバナンス、ファイナンスなどの学習も必要になると考えています。

中小企業BANTO認定試験を学んでよかったこと

一番よかったと感じているのは、企業を経営する際に必要となる知識を、網羅的に、そして基礎的な部分に絞って効率的に学べたことです。認定試験の日程に合わせて集中的に繰り返し学ぶことで、知識を定着できたと感じます。また、分野別の得意不得意を理解することができましたので、追加で学ぶ必要がある分野の優先順位をつけることもできるようになりました。

中小企業BANTO認定試験の合格を目指す方に一言お願いします

公式テキストとウェブサイト上の模擬問題で十分に対策可能です。公式テキストを何周か読んで、テキスト内の問題を何度も解き、網羅できたら模擬問題を繰り返し解くことで知識が定着すると思います。 次世代の経営者を目指す方、専門性がバックオフィス部門以外にある方には、特に受験をお勧めします!

受験の申し込みはこちら

facebook twitter